福音の恵みのうちに

神は、わたしの福音すなわちイエス・キリストについての宣教によって、あなたがたを強めることがおできになります。この福音は、世々にわたって隠されていた、秘められた計画を啓示するものです。その計画は今や現されて、永遠の神の命令のままに、預言者たちの書き物を通して、信仰による従順に導くため、すべての異邦人に知られるようになりました。この知恵ある唯一の神に、イエス・キリストを通して栄光が世々限りなくありますように、アーメン。ローマ16:25~27
私の福音とイエス・キリストの宣教によって、すなわち、世々にわたって長い間隠されていたが、今や現わされて、永遠の神の命令に従い、預言者たちの書によって、信仰の従順に導くためにあらゆる国の人々に知らされた奥義の啓示によって、あなたがたを堅く立たせることができる方、知恵に富む唯一の神に、イエス・キリストによって、御栄えがとこしえまでありますように。アーメン。(新改訳)

パウロは、ローマ人への手紙を終えるにあたって、神を讃美する言葉でこれを締めくくっています。イエス・キリストの福音は、私たちを強めることが出来ます。長い間秘められていた福音の奥義は、イエス・キリストにより、また聖霊の働きによって、私たちにも明らかにされました。

新改訳聖書では、「奥義の啓示によって、あなたがたを堅く立たせることができる」と言われているように、この福音こそが私たちを、神との平和をもたらし、死からいのちへと導く神の知恵なのです。この福音だけが私たちを真実の意味で堅く立たせることができるのです。

ローマ人への手紙の一番初めにもパウロは、「福音」について、次のような書き出しで始めました。「キリスト・イエスの僕、神の福音のために選び出され、召されて使徒となったパウロから、――この福音は、神が既に聖書の中で預言者を通して約束されたもので、御子に関するものです。」(ローマ1:1~3)

そして、この手紙の最後も「イエス・キリストに関する福音」に言及してこの手紙を終えるのです。この福音は、イエス・キリストによって与えられた福音であり、イエス・キリストを内容とする福音であり、イエス・キリストご自身が、その命を犠牲にしてもたらしてくださった永遠のいのちをもたらす福音です。

ローマ人への手紙を読み進めてまいりましたが、次回からは、あまり長くならないように、一節ずつとりあげてみ言葉に聞いていきたいと思います。

祈り

天の父なる神様、ローマ人への手紙によって、「イエス・キリストの福音」が、罪の中にあった私たちにも、あなたの一方的な恵みによって与えられていることを覚えて心より感謝いたします。生涯、この福音の恵みのうちに歩み続けることが出来ますようにお守りお導きください。
イエス・キリストの御名前によって祈ります。アーメン。

コメント


認証コード3813

コメントは管理者の承認後に表示されます。