「リン・チンラン」さん

音が聞こえなくても正確なリズムを刻むと話題になっているダンサーを紹介します。
彼女の名前は「リン・チンラン」さんです。

画像の説明

彼女は、台湾で活躍する、重度の先天性聴覚障がいを持つプロのダンサー・振り付け師です。
障がいを乗り越え、音を床からの振動で感じ取る方法でダンスを習得。
聴覚障がい者によるダンサ一一座を創設したり、映画に出演したりと幅広く活躍しています。
2015年、聴覚障がい者ミスコンテスト アジア大会で優勝しました。
 
 
彼女は社交ダンスの先生だった母親のもとに生まれました。
先天的に重度の聴覚障がいを持っていました。
音が聞こえないというハンデを抱えながらも幼い頃からダンスの魅力に惹き付けられていきました。
いつしか「自分で踊りたい」と強く思うようになりました。
しかし、彼女がダンスを始めようとダンススクールの門を叩いても、彼女を受け入れてくれるスクールは見つかりませんでした。
どのスクールも、重い聴覚障がいを持つ彼女にダンスを踊ることは無理だと決めつけていたのです。
その偏見が、逆に彼女を強くしました。
彼女はどうやってリズムを取るようになったのでしょう???
ある日、チンランさんは音楽の振動が床から伝わってくるのに気づきました。
彼女はその振動を必死に拾い上げ、一定のリズムとして感じ取る術を身につけていきます。
そして、正確なリズムを刻んで身体を躍動させることに成功するのです。
足の裏から伝わるほんの小さな振動だけを頼りに、これほどダイナミックなダンスを表現できるようになるまでに、彼女がどれだけ壮絶な努力を重ねて来たでしょうか。
バレエ、ストリートダンス、民族舞踊、あらゆるジャンルに精通する彼女のダンスは、彼女が背負ったハンデを少しも感じさせません。
それどころか、音との究極の一体感を伴っているように見えます。
今や揺るぎない自信に満ち溢れている彼女は、2015年、チェコで開催された聴覚障がい者ミスコンテスト アジア大会において、グランプリを獲得しました。
これは台湾人として初めての快挙です。
それだけにとどまりません。
彼女はダンスで自分の夢を叶えただけでなく、今では自分と同じく聴覚障がいを抱えたダンサーで構成される一座を率いて精力的に活動しています。
彼女はこう言います。
“神様は扉を一つ閉めたとしても、どこか窓を開けてくれるもの”
その窓はきっと、あらかじめ決められているかのように見える運命に抗い、出口を探そうと諦めることなく努力し続けた人に開く窓なのでしょう。
ここで紹介するWEBムービーは、このエピソードをまとめたものです。
それではご覧ください。

コメント


認証コード1678

コメントは管理者の承認後に表示されます。